スポンサーサイト
2011.09.07 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
病は気からの免疫学
2010.07.04 Sunday 23:30

からだと心はいつもつながっている!安保教授が語る健康へのヒ
ント、「生きる力」を高める話題が満載!健康に役立つ話が盛り
だくさん(Amazon.co.jpより)


とても興味深い内容だった。「病は気から」ということわざがあ
るが、医師である著者が免疫学的に実体験を基に検証した内容だ
った。改めて素晴らしい格言なんだと認識する。

かなり簡単に説明すると、免疫系の代表格と言えば白血球で、好
中球・好酸球・好塩基球・リンパ球・マクロファージなどに分類
され、自律神経系によって活動が左右されているという。自律神
経も、交感神経・副交感神経によって相互が拮抗して作用してい
るが、このバランスが崩れたときに免疫力が低下し、様々な病気
を引き起こす。程度が重いと自律神経失調症になってしまう。予
防するにはやはり、規則正しい生活と適度な運動をして、ココロ
豊かな毎日を送ることが大切なのだ。

また、現代医療方針についても対症療法の限界を説いている。人
間本来が持っている発熱・下痢・炎症などの治癒過程を消炎鎮痛
剤や抗生物質などで抑えることが、免疫力低下を起こしていると
のこと。特にガン治療については考えさせられた。手術・放射線
治療・抗がん剤などで好転しなかった患者が、民間療法などで気
を高めることで完治したケースが多々あるという。うーん。こう
なってくると、何が正しい治療法なのか分からないな・・・。し
かし、まずは健康第一に充実した生活を送る必要性は深く納得で
きた。

人生の充実期を迎えた30〜40歳台の方で、ひたすらカラダに鞭打
ってがんばっている方は読んでみたらいいかも。自分を大切にす
る重要さが分かると思う。時には休息も必要なんだ。

| MANAGER | BOOK | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
2011.09.07 Wednesday 23:30
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://managerblog.jugem.jp/trackback/461