スポンサーサイト
2011.09.07 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
自分に目標を課す仕事術
2010.06.18 Friday 00:37

前回に引き続き、ワタミ株式会社の会長・渡邉美樹さんの仕事術
をNHKオンデマンドで拝見する。今回は、経営者にとって一番重
要な時間管理術についてのノウハウを語ってくれた。

今ならiPadなどのデバイスで時間管理ができて便利だが、20年以
上前になると手帳になる。通常の使い方は、毎月・毎週のスケジ
ュールを書き込むだけになるのだが、渡邉さんは「夢の手帳」と呼
んでとても効果的な活用をされていた。

まずは自分の夢を書き込んで、それを実現するために長期戦略(
5年)を立案し、中期(1年)短期(1ヶ月・タイムスケジュール
)戦略に落とし込んでいた。しかも毎日欠かさず継続されていた
。今でさえ当たり前な方法論として認知されているが、「夢の手帳
」によって人格形成が磨き上げられ、目標をクリアする毎に仕事
のモチベーションや充実感を感じられていたのだろう。努力も積
み上げれば奇跡は起きるという言葉の重みを思い知る。

仕事術を極めるとなると、そこまで追い込んでいかなくてはその
他大勢との競争に勝てない。ワークライフバランスが重要視され
る昨今だが、渡邉さんの一言がとても核心を突いていた。

「30までに一流になるためには、全部捨てろ。仕事だけでいい。
一流になるまで余計なバランスは取るな。一流になってからバラ
ンスを取ればいい。」


一流になるためには休む暇はない。トップがハングリーに燃えな
ければ、成長などできないし誰もついてこない。経営者・企業人
として人生を賭けていく者にとっては、自らを奮い立たせてくれ
る素晴らしい教訓だ。

| MANAGER | オンデマンド | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
2011.09.07 Wednesday 00:37
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://managerblog.jugem.jp/trackback/449