スポンサーサイト
2011.09.07 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
龍馬伝 「新天地、長崎」
2010.07.20 Tuesday 23:25

長崎にやってきた龍馬(福山雅治)らは、薩摩に頼らずに生きよ
うと船を捜す。そこで料亭・引田屋へ行き、長州の高杉晋作(伊
勢谷友介)と出会うが薩摩藩士と衝突する。(NHKオンデマンド)


オンデマンドで視聴する。さぁ、龍馬伝も第三部に突入だ。盟友
・武市半平太を失った龍馬は重みというか凄みが増してきた。海
軍操練所を閉鎖に追い込まれ、幕府に対しての不信感も際立って
いる頃、西郷吉之助(高橋克実)や高杉晋作(伊勢谷友介)との
緊迫した駆引きは、思わず見入ってしまった。

かつてのやさしい龍馬が遠い昔のようだ。日本を洗濯するという
使命感が、多くの困難や障害を乗り越えさせ強い龍馬へ変貌させ
たのだろう。まぁ、大河ドラマなので、史実と違う脚本なのだろ
うがそれはそれでオモシロい♪激動の時代を駆け抜けた幕末志士
達のドラマは、ますます過熱していく。次回も必見だ。

| MANAGER | オンデマンド | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
自分に目標を課す仕事術
2010.06.18 Friday 00:37

前回に引き続き、ワタミ株式会社の会長・渡邉美樹さんの仕事術
をNHKオンデマンドで拝見する。今回は、経営者にとって一番重
要な時間管理術についてのノウハウを語ってくれた。

今ならiPadなどのデバイスで時間管理ができて便利だが、20年以
上前になると手帳になる。通常の使い方は、毎月・毎週のスケジ
ュールを書き込むだけになるのだが、渡邉さんは「夢の手帳」と呼
んでとても効果的な活用をされていた。

まずは自分の夢を書き込んで、それを実現するために長期戦略(
5年)を立案し、中期(1年)短期(1ヶ月・タイムスケジュール
)戦略に落とし込んでいた。しかも毎日欠かさず継続されていた
。今でさえ当たり前な方法論として認知されているが、「夢の手帳
」によって人格形成が磨き上げられ、目標をクリアする毎に仕事
のモチベーションや充実感を感じられていたのだろう。努力も積
み上げれば奇跡は起きるという言葉の重みを思い知る。

仕事術を極めるとなると、そこまで追い込んでいかなくてはその
他大勢との競争に勝てない。ワークライフバランスが重要視され
る昨今だが、渡邉さんの一言がとても核心を突いていた。

「30までに一流になるためには、全部捨てろ。仕事だけでいい。
一流になるまで余計なバランスは取るな。一流になってからバラ
ンスを取ればいい。」


一流になるためには休む暇はない。トップがハングリーに燃えな
ければ、成長などできないし誰もついてこない。経営者・企業人
として人生を賭けていく者にとっては、自らを奮い立たせてくれ
る素晴らしい教訓だ。

| MANAGER | オンデマンド | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
”ワクワク”をビジネスに
2010.06.08 Tuesday 00:10

父の会社が倒産したという小学時代の体験をバネに、20代から
起業を次々と成し遂げたワタミ株式会社の会長・渡邉美樹さん(5
0歳)。その渡邉さんに「夢を実現させるマネジメント」とは何
か、その仕事術を聞く。(NHKオンラインより)


NHK番組「仕事学のすすめ」をオンデマンド視聴する。メディアで
渡邉会長を見かけることはあったのだが、具体的な経営手法など
存じていなかったので興味深々で拝見した。

噂通りの強力なパワーの経営者だ。会長になった現在でも、現場
を大切にしており、時にはいちスタッフとして、時には陣頭指揮
を取っているところにこの方のバイタリティを感じる。数年前に
介護事業に新規参入したことは記憶に新しいが、年度ベースで15
0億円としっかり事業の柱にしているところはスゴイ。第一回放
送は、「”ワクワク”をビジネスに」というタイトルで、会長本人
がワクワクして従業員をしっかりリードしている姿がワタミの強
みなんだと思い至った。また、「全然、ダメ!」と部下たちにズバ
ズバ指摘するスタイルがビジネスへの厳しさを身をもって教えて
いる。部下にするとストレスを感じるかもしれないが、鍛えられ
ることは間違いない。

そんな渡邉会長が新規事業する際の心得を語ってくれた。

頭で考えたことは失敗する。心で考えたことは成功する。
羽交い絞めにされても本当にやりたいことをやれ!


実際、介護事業に新規参入する時はM&Aを行ったのだが、買収額が
93億円とかなりふっかけられたらしい。当然、周りの人たちは大
反対したという。しかし、本当にやりたかった事業だったので羽
交い絞めにされても最終的には説得して介護事業を始めたとのこ
と。経営者は、儲かる儲からないと机上で計算してしまうが、ま
ずやりたいことじゃないとワクワクしないし、これが成功する第
一条件なのだと断言されてた。いや、とても説得力があった。

次週以降の放送も楽しみだ。


| MANAGER | オンデマンド | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
極める!友近の温泉学
2010.05.03 Monday 11:17

芸人・友近。仲居として働いた経験もある温泉ファンで、多忙な
今でも休日には温泉に出かけ癒されているという。番組では、温
泉を様々な角度から取材し温泉の魅力に迫る。(友近の温泉学


NHKオンデマンドで視聴する。温泉についての興味がとても沸く
内容だった。4回シリーズもので、温泉についての基礎知識から
始まり、温泉の歴史、正しい入り方、楽しみ方などを分かり易く
教えてもらえた。今まで知名度や雰囲気などで温泉地を選んでい
たが、今後は自分に合った温泉の選び方ができそう♪

私は敏感肌なので、肌にやさしい美肌湯というのに引かれる。男
なので普段はそれほど気にしてはないが、疲労が溜まるとすぐ顔
に出るので一気に老け込んでしまう。(笑)やはり男でも実年齢
よりは若々しくいたいものだ。そんなことを考えていると、無性
に温泉に行きたくなった。いや、近いうちに絶対行こう。早速、
隣県の温泉地をリストアップして、研究中・・・。妻Hも「美肌の
湯」と聞いたら即OKに違いないな。(笑)

| MANAGER | オンデマンド | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
トップランナー 「川上未映子」
2010.04.24 Saturday 01:20

2007年に書いた処女作「わたくし率 イン 歯―、または世界」が
いきなり芥川賞候補となり、2作目の「乳と卵」であっさり同賞
を受賞。まばゆいほどの言語感覚と、読者の無意識下にある価値
基準を揺さぶるようなテーマ性で、唯一無二の存在となっている
川上の、思考の裏側に迫る。 (NHKオンデマンドより)


NHK番組トップランナーを視聴する。今回は、2008年度芥川賞を
受賞した川上未映子さん。芥川賞を受賞されたことは知っていた
が、作家としては異色のミュージシャンからの転身らしい。様々
な表現方法を経験して、自分にとってベストな作家という境地に
辿り着いたのだろう。とても興味深い経歴だなぁと拝見した。

一文がかなり長い独特の文体法について質問されていたが、終わ
らせたくない気持ちがあるらしい。簡潔に分かりやすく伝えたほ
うがリズム感もでてきそうと思うのだが、読者を魅了する素晴ら
しい才能を表現されているのだろう。処女作は「わたくし率 イン
 歯―、または世界」。スゴいタイトルだ。しかし、タイトル決
めは即決だったという。私には一生思いつかない発想力だ。

作家への偏見になってしまうが、哲学的な何かを持っているのか
な?と想像したが、全く嫌味がなく関西特有のオチのある話し方
がとても好感がもてた。何だろう。この方、とても気になる・・
・。今度、いくつかの代表作をぜひ読んでみたい。

| MANAGER | オンデマンド | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
リトル・チャロ2
2010.04.12 Monday 19:46

密かに視聴続けている番組。以前、マイブームで英会話勉強をし
ていると書いたが、リトル・チャロ2も英会話番組だ。きっかけ
は無いのだが、勉強意欲がなぜか再燃した。(笑)

この番組、なかなか侮れない。クロスメディアと言って、TVとラ
ジオで放送、それぞれのテキストも販売し、WEBと携帯からテス
トやトレーニングもできる。また、TVが初心者、ラジオが初〜中
級者とレベル分けされていて、ラジオ放送はWEBでストリーミン
グ放送もされている。至れり尽くせりのメディアミックス番組で
正直驚いた。NHKさん、がんばってますね♪

1番組10分もないので、がんばって続けてみようと思っている。
店舗にもたまに外国の方がいらっしゃるので、最低限のコミュニ
ケーションは取れたほうが良いし。ただ、時間の活用精度をもっ
と上げないといけない。よし、がんばろう!

リトル・チャロ2

| MANAGER | オンデマンド | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
龍馬伝 「お尋ね者龍馬」
2010.04.08 Thursday 02:16

脱藩した龍馬は姿を消していた。東洋を暗殺した半平太は、藩を
動かすようになり、藩主と大坂へ。象二郎に龍馬捕縛を命じられ
て大坂にいる弥太郎の前に龍馬が現れた。(NHKオンデマンド)


今回から第2部のスタートだ。攘夷派と開国派の攻防がこれから
激化するストーリーになるが、脱藩という故郷と家族を捨てた龍
馬の今後も風雲急を告げそう。浮浪人となった龍馬の容姿はとて
も小奇麗とは言い難いのだが、福山雅治が演じるとそれもカッコ
よく見えてしまう。(笑)

本当の坂本龍馬はどんな気性か分からないが、龍馬伝の福山龍馬
は小さいことにクヨクヨせず大局を見極めて使命感を持って行動
する。そして誰に対しても慈愛のココロを持って接している。と
ても素敵だ・・・。このドラマで龍馬ファンが増えるのも間違い
ないな。私的には、自他公認の龍馬ファン、武田鉄也が演じる勝
海舟と龍馬との絡みを楽しみにしたい。

あぁ、来週が待ち遠しいな・・・。

龍馬伝

| MANAGER | オンデマンド | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
北の大地がくれた夢〜バンクーバー五輪の17日間〜
2010.03.11 Thursday 14:45

躍進スピードスケートメダル秘話・高橋大輔選手復活への道・浅
田真央貫いた信念・いま語る上村愛子の本音・激走アルペン女王
・チーム青森の挑戦(NHKオンデマンドより)


今更ながらバンクーバーオリンピックの総括として、同番組をオ
ンデマンドで視聴してみた。各選手たちの舞台裏や心打たれるス
トーリーなど満載でとても良かったと思う。

オリンピックが4年に1度しかないので、選手達の決意も並々なら
ぬものがある。毎年開催していれば『また来年チャレンジするぞ
』と思えるのだが、4年はやはり長い。選手生命を考えると、2〜
3回出場できれば御の字ではないだろうか。そう考えると計5回出
場したスピードクケートの岡崎朋美選手はスゴすぎる。大会中、
メダル獲得できた選手、入賞できた選手、満足のいく結果が出せ
なかった選手と各選手達の表情がそれぞれ印象深かった。様々な
ドラマがあってこそ、オリンピックなのだ。たくさんの感動をい
ただいたことに心から感謝したい。ありがとう、バンクーバー♪

vancouver 2010

| MANAGER | オンデマンド | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
NHKスペシャル メイド・イン・ジャパンの命運
2010.01.30 Saturday 01:03

アジア勢台頭で危機に立つメイド・イン・ジャパン。高度技術も
すぐに追いつかれ価格競争にさらされる。日本は、何を作り何で
稼ぐのか。日本電機メーカーの未来を見つめる。(NHKスペシャ
より)


以前、東芝液晶TV「セルレグザ」の記事をコメントしたが、製造
現場を密着したドキュメンタリー番組だったのでオンデマンドで
視聴してみる。東芝も液晶TV業界において、中国・台湾などのア
ジアメーカーから猛追を受け、苦境に立たされている。価格勝負
になると、人件費や設備投資費でどうしてもコスト高になってし
まうので分が悪すぎる。そこでメイド・イン・ジャパンしかでき
ない職人技術を結集させ、超ハイパフォーマンス液晶TV「セルレ
グザ」を誕生させるというストーリーになるのだが、これがとて
も興味深かった。

昔のTV製造と言えば、アナログで人の暗黙知が製品の優劣に大き
く左右されたとのことだったが、デジタルになるとこれが全く必
要なくなる。PCに代表されるようにソフトウェアが製品の質を決
定づけてしまうので、製造現場の苦悩と葛藤が顕著に見受けられ
た。現場責任者の「ブラックボックスはいつまでもブラックボッ
クスにしてはいけない」というコメントが印象的だったのだが、
それでも紆余曲折しながら完成させた時は、達成感と充足感で満
たされ私もじーんと感動してしまった。

とは言うものの、製品の移り変わりは激変する。最近の潮流を分
析すると、どうやら3DTVが賑わいを見せそうだ。映画「アバター
」でも話題になったように、これからは家庭でも手軽に3Dという
時代がやって来るだろう。そう思うと、製造現場で戦っている人
たちに終わりはない。新たな製品を開発させ、他社を上回り、ユ
ーザーに納得してもらわなければならない。いやはや、大変な世
界だ。液晶TVはとても興味があるが、業界各社の戦略も目が離せ
ない。今後の動きについても、しっかりと注目していこう。

NHKスペシャル

| MANAGER | オンデマンド | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
新興国市場の覇権目指すスズキ
2010.01.25 Monday 11:09

先月、世界第3位の自動車メーカー・フォルクスワーゲンとの資
本提携を発表したスズキ。時代の流れを見極め、機敏な対応を見
せる。巨大メーカーとの提携の先に、何を見据えているのか。7
9歳の今もなお、現場で陣頭指揮をとる鈴木修会長をスタジオに
迎え、その戦略をたっぷりと伺いました。(NHKオンライン)
 

NHKで経済ワイドvision eという番組がある。今まで観たことは
なかったのだが、VWと資本提携して注目を浴びている鈴木修会長
が出演するということで、オンデマンドで視聴してみた。

鈴木会長の話をじっくり聞かせていただいたが、やはりこの方は
スゴい。経営戦略や経営哲学などの迷いが全く見えない。資本提
携の最大要因は部品の共通化をすることで、しかも高付加価値を
生み出す機能部品らしい。会社の財産である機能部品を他社と共
通化することは、自社を安売りする行為と思われがちだが、新興
国市場のトップシェアを目指すにはVWとの相乗効果を計らなくて
は到底できないと判断したのだろう。この資本提携が英断だった
と思わせるチャンスを自ら開拓したのだから、積極的な経営姿勢
は恐れ入った。製造網に関しては提携していくらしいが、販売網
に関しては独立して展開していくとのこと。スズキカラーは払拭
せず、更なるスズキブランドの確立を狙った戦略を垣間見ること
ができた。

会長の将来を見据える先見性はさすがだ。ワンマン経営者的なイ
メージを持っていたのだが、現場現物主義を徹底しており、業界
内で生残るためには?という自問自答を常にしているという。最
後に我々は中小企業であると仰っていたが、そこにモノ作りメー
カーとしての誇りを感じることができ、新車種がどのような形で
販売戦略を仕掛けてくるのか楽しみにもなった。

それにしても、結構この番組オモシロいな。経済ニュースを分か
りやすく解説してくれるし、ニュースでは伝えきれない市場の動
きもクローズアップしてくれてた。毎週土曜日の9時から放送さ
れているらしいので、起きている方はオススメです。(笑)

経済ワイドvision e

| MANAGER | オンデマンド | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
←back 1/2 pages next→